スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットとか音楽とか

guy-fawkes-sphinx.jpg

インターネットを政府が遮断したときの代替手段を考えるフォーラムOPENMESH
技術的素養がないのでアイディアも出せず残念ですが、早速こういう動きが立ち上がる時代っていいねー♪



クロアチアのチェリストStjepan HauserLuka Sulicによるマイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」格好良過ぎです。
スポンサーサイト

キセルノススメ3(小粋増産希望篇)

煙草の大幅値上げから早2ヶ月が経過しました。
値上げ前に箱買いしていた小粋がそろそろ残り僅かになってきたため、馴染みの煙草屋さんに出かけたところ「刻みが売れ過ぎて生産が追いつかず、1月4日まで入ってきません」と宣われました。
年明けまでどないしよ...小粋が入手できる場所をご存じの方は教えてくださいm(_ _)m

巷ではいつの間にか煙管ブームが始まっていたようで、喜ばしい限りです。

kizami

そもそも20年来のショートピース愛好家だった私が煙管に転向したのは、刻み煙草があまりにも売れなさ過ぎて一度は発売中止になったものの、ごく少数の愛好家による熱烈な要望によって再販に至った経緯を知ったからです。
時代劇の必須アイテムであり、つい戦前までは日常の一部だった日本独自の文化・煙管を過去の遺物にする理由が、どう考えても見あたらなかったのですぞなもし。

まず「歩き煙草などお行儀の悪い吸い方ができません」
髪の毛よりも細~い刻みの葉っぱ一つまみを、火皿にちょこんとのっけて吸いますので、風が吹いたり動いたりするだけで刻みが一瞬にして雨散霧消します。

次に「フィルターなどのゴミが出ません」
パイプと同様、喫煙具に葉っぱをのせて繰り返し使用しますから、ポイ捨てできるものがありません。

それから「身体への悪影響が紙巻きよりも少ないです」(たぶん)
スクスク育った煙草の葉を乾燥させて、細かく刻んだ刻み煙草は、市販されている多くの紙巻き煙草のようにタールやニコチン量の加減ができません。
自然のままの葉っぱを使っているから「煙草の葉が元々持っているタール量&ニコチン量」でしかないのです。
言い換えれば「低タール」とか「1mg」などを売りにしている紙巻き煙草は、葉っぱやフィルターに様々な薬剤を注入してタールやニコチン量をコントロールしており、この薬剤が健康に悪影響を及ぼすという説や、紙自体が身体に良くないという説もあるんですよ。怖いですねー
ショートピースも「自然のままの葉っぱを使用している」ことがポイントでしたが、タールやニコチン量は紙巻き煙草の中でも最強レベルです(両切りだし)

さて、喫煙者の立場が加速度的に悪くなっている昨今ですが、車の排気ガスと煙草、どちらが身体に悪いと思います?
車の排気ガスを引き込んだ排ガス自殺ってのはあるけれども、煙草をモクモク吸い続けて死ぬ方法なんて聞いたことありませんね。

「煙草の害」と喧伝される時によく使われる、真っ黒い肺の写真をご覧になったことがありませんか?しかし、黒い成分を調べたところ、実際は工場や排ガスから出る粉塵だったとの話もあります。
この肺の持ち主が喫煙者+肺ガンであったからという分かりやすい文脈ではありますが、所詮調査やデータとは、何らかの仮説を立ててその整合性を確認するためのもの。すべての環境要因を考慮することは不可能ですやね。

まぁ、ニオイがイヤとか煙いとか嫌煙を主張なさる気持ちも分かりますので、喫煙者の皆さまにおかれましては排斥の憂き目に合わぬようお気をつけて!

キセルノススメ2(語源篇)

【煙管乗り(きせるのり)】
(キセルは両端にだけ金属を使っているところから)乗降車駅付近だけの乗車券を持って、乗車区間の途中をただにする不正行為。キセル。
(出典:広辞苑第四版)
kiseru


【雁首を揃える(がんくびをそろえる)】
「雁首」は、煙管(きせる)の頭に当たる金属部分で、「頭」を乱暴に言う言葉。頭数を揃えることから、人数が集まること。特に、無能な者ばかりが揃う様子を罵って言う。 
例:「これだけの雁首が揃っていて正解も出せないのか」
(出典:くろご式ことわざ辞典
gankubi


【脂下がる(やにさがる)】
雁首を上げて吸うと、格好は良いが脂(やに)が下がるので味が落ちる。このことから格好優先で煙管を吸う男を「やに下がった」と表現するようになった。
(出典:ウィキペディア
yanisagaru

キセルノススメ1

koiki
10月から国産唯一の刻み煙草「小粋」も値上げ。
しっかーし、330円から360円と引き上げ率が超小幅。破格のお得感なのにゃ

救世主2.0

今時の救世主は
harleyハーレーに乗ったり
seac波に乗ったり
soccercうわー、決まればこれぞ神(の子)

ココで購入できるそうです。

Think different.

古いけどお気に入りのCMの一つ。


アインシュタイン、ボブ・ディラン、エジソン、マリア・カラス、ガンジー、ヒッチコック、ピカソ etc.
素敵な人たちがたくさん登場するAppleのキャンペーンCMには、黒澤明や手塚治虫、ダライ・ラマやチャップリンなど様々なバージョンがあります。
CMがつくられた1997年はウィンドウズ95がすごい勢いで世の中を席巻していて、Macユーザーはなんとなく負け犬扱いされていた時期。

Quadra、Performa、Power Macintosh、Power Mac G3・G4、Power Book、iBook、iMac・・・私のMac遍歴は十数年になりますが、Mac使いはかな~り少数派で心細かった。。
現在はウィンドウズでもできるけれど、この頃まではMacじゃないと、デザインも映像編集もできなかったんですよぅ

でも当時、映像等の制作会社に所属していた私の仕事はシナリオやコピー・企画書を書いたり、映像制作のディレクションなどだったので、別にMacでなければならない必然はなかったし、現在だって文字+ちょっとしたグラフィックができれば、Macでもウィンドウズでも何でも良いと言えば良いのです。

それに、Macってヤツは何と言いますか、生きモノみたいな愛らしさと憎らしさが同居しているコンピュータで、特に昔は爆弾アイコンは出すわ、大切なデータと共に突然お亡くなりになるわ。今でも忙しいときに限って調子が悪いとか言い出すし、企画書や報告書なんかを必死に作っていると見計らったように固まってくれて、ギリギリ歯ぎしりしながら作り直す、なこともありますが。

それでもずっとMacと一緒に過ごしてきたのは、「こんな社会のために、こんな人たちのために、コンピュータを作り続けるよ」っていうAppleの理念やスタイルが、大好きだからです。
加えてAppleのメッセージは、ブレない。(カリスマ創業者・スティーブ・ジョブズの影響も大きいと思うけど)
値段だけを訴求したり、ブランディングとか何とか言って取って付けたような美辞麗句を並べられると、げんなりするのは私だけですかね?

ちなみにAppleの初CMは、コンピュータに管理された全体主義的な暗黒社会を描いたジョージ・オーウェルの小説「1984」がテーマでした。



『1984年1月24日,アップル社はMacintoshを発表いたします。そしてわれわれは,今年1984年が小説『1984』に描かれているような年にならないということをお目にかけましょう』

ハンマーで壊されるBig Brother(支配者)は、コンピュータ産業の巨人だったIBMのことも暗示していたそうですが、そのIBMは既に家庭用PCから撤退しています。
私がMacを初めて入手した頃はパソコン通信というものがありましたが、「知らない人とやり取りするなんてヤダー」ってな感覚で、ゲームや書類作りの限定使用でした。それからまだ10年ちょっとしか経たないのに、今では「ネットが繋がらないなんてあり得ない」生活になり果ててるし。
変わらないモノなど何もない・・な諸行無常を感じます。

最近はこの女性がiPodを聞きながらハンマーを投げるリメイクバージョンや、アップル帝国を皮肉ったパロディバージョンも登場していますが、普遍性のある思想やメッセージは、どんな時代になっても、形が変わったとしても、ずっと繋がっていくのでしょう。人々に大きな影響を与えたという意味では、こちらもThink different.なCMだと思うのです。

そして、今も同じテーマで作品が成立するということは、『1984』の危険性は未だ存在しているということでもありますね。

大江戸の火消し

温故知新のお手本。
ニコ動で発見した時は、たいそう感激したものぢゃった。
ちょっと古いけど是非モノということでご紹介。

「世界一長寿のクラシック音楽番組」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている題名のない音楽会で、2~3年前に演奏された時の動画です。こういったチャレンジ精神は大いに歓迎したい!!

Deep Purpleの名曲も常磐津節の手にかかれば、ジュネーブ湖畔の火事の話が、弁財天詣でに琵琶湖へ行った火消し達の顛末記へと見事に転化。
特にROCK好き・邦楽好き・歌舞伎好きは必見です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。