スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんじどう集団自殺マシーン

プロモーションビデオのシナリオ書いたり、企画書作ったり、悪だくみを相談したり、学会資料作ったりしてるうちに、いつの間にか1ヶ月半も経ってしまいました。
月日が経つのは早いものぢゃ。。

煙管話の続きも書きたいのですが、取り急ぎ友人のLICCAが出品する日韓現代美術交流展・旅の空-純情の衝突 in 京都のお知らせです。

今回発表するインスタレーション【ぜんじどう集団自殺マシーン(一蓮托滅)】について、彼女の説明によると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最大5人迄、一緒に安楽死可能です。
是非一度お試しをwww

脳波センサーを使用して全員のリラックス状態が一定時間続いた時
38度の食塩水が流れ出て、その後240ボルトの電気が。。。

勿論、誰か一人でも、脳の血流が活発なら(生きたいと思えば)
いつまでも装置は作動しない仕組みです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故こういう滅相もない作品を創るのか...と訝しむ方も少なからずいらっしゃることと思いますが、当人はシュレーディンガーの猫から着想を得たようなことを申しておりましたので、念のため書き添えておきます。

私は行けそうになく残念なのですが、関西方面にいらっしゃる方は一蓮托滅の臨死体験(危険はおそらくありませんw)ほか、総勢19名の日韓アーティストによる芸術の秋をどうぞご堪能ください。
開催期間:10/21(木)~31(日)
開催場所:元立誠小学校・ギャラリーPonto15・遊空間「u」

ついでに、Ponto15の看板もできましたっ
kanban
小倉のカリグラフィーの大家(というか単なる飲み友達)に墨字で描いてもらった、先斗町らしいロゴです。
ギャラリーは「旅の空」開催期間中の11~19時は開いています。
見かけたらお気軽にどうぞー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。