スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣人祭り

某省のプロジェクトを通じて知り合った友人が、人づくりから始まるまちづくりという本を出版しましたー!

彼と出会った仕事自体が「地域コミュニティの再生」に関するもので、様々なことを話し合ったり、アイディアや意見を出し合ったりするうちに、「おや、おまいさんもそう思うかえ?」みたいな感じで問題解決への方向性が似ていたりして、現在もいろいろと親しくさせていただいてます。

本の構成は
1 おいたち
2 福岡で感じたこと
3 東京で感じたこと
4 福岡に戻って感じたこと
5 うつ病になって感じること
6 団地生活を始めて感じること
7 最近の報道で感じること
8 「隣人祭り」を知って感じること
9 ボランティア活動を始めるようになったきっかけ
10 地球環境問題などに関して感じること
11 豊かな暮らしに向けての提言

自然豊かな広島の呉市で育ち、幼い子ども2人のお父さんとして、コンサル会社のリーマンとして、福岡に住む一生活者の視点から地域や暮らし、社会のあり方に関する様々な問題を考え、改良に向けたアイディアが簡潔にまとめられた読みやすい本です。
興味のある方はぜひご一読ください。

で、この中に出てくる隣人祭りってご存じですか?

本からちょいと抜粋させてもらうと
「フランスで老人をはじめとした孤独死が多発しており、何とかするために同じアパートや地域の人を集めた屋外食事会を開催。これがきっかけで地域コミュニティが再生され、街は安全になった。隣人祭りは現在、フランス全土~全世界に広まっている」
彼は隣人祭りを「向こう三軒両隣や長屋暮らしといった、日本古来の伝統文化が逆輸入されている」と指摘しています。

隣人祭りのことは彼から聞いて始めて知ったのですが、それを遡ること3年近く前に、私も突発的隣人祭りを開催したことがあります。
花見か何かで早々に出来上がり、余ったお酒や食料を持って昼過ぎの帰宅中、お隣さんの窓が開いていてPCに向かう隣人が見えたので(うちはマンションの9Fです)、「何してんですかー」と声をかけつつ「お酒がほら、こんなにっ」と窓際に並べ始めて、ついにマンション通路で宴会開始。エレベータで上がってくる他室の隣人も次々と拉致同然に集め、暗くなるまで酒盛りを行ったのでした。
それまではお互い挨拶しか交わしたことない人たちで、素面では絶対あり得ない出来事でしたが。。

仕様もない酔っぱらいと認識されたには違いないですが、それ以降は宅配の荷物を預かってくれたりなんてこともあるし、まぁ良かったのではないかしら。
こんな感じで、隣人祭りはいつでもどこでも開催できます。皆さんもぜひ!

そういえばワタクシ、この会の副代表という名前をいただいているのでした。
自然や環境系に疎くて、今のところ役立たずという役目しか負っていません。スミマセン。。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。